【2019年版】ギャラ飲みアプリおすすめランキングTOP5!若い・かわいい子を呼ぶならこれ

  • キャバクラに飽きた…
  • 高いお金を払ってまで飲み歩くのはちょっと…
  • でも…かわいい女の子と飲みたい!

そんな男性に大注目なのがギャラ飲みアプリ。

若くてかわいい女の子がうじゃうじゃいて、キャバよりめちゃくちゃリーズナブルに呼べるので今人気です。

ここでは今すぐかわいい女の子を呼べるギャラ飲みアプリを紹介していきます!

最新ギャラ飲みアプリおすすめランキングTOP5!

まずは最新のギャラ飲みアプリおすすめランキングと題して、5つのアプリをご紹介していきます。

この機会にぜひお気に入りのアプリを見つけてください。

pato(パト)

pato(パト)は、ギャラ飲みアプリの中でダントツの人気を誇るサービスです。

すでに20万ダウンロードを記録しており、女の子の質はトップクラス。大学生、20代~30代が中心ですが、芸能人も登録しているんだとか。

エリアは一応全国対応ですが、patoで女の子に会いやすいのは、六本木、西麻布、渋谷、恵比寿、新宿辺り!

費用は一般が1時間4000円~と相場並み。ただし、質にこだわるならVIP8000円、VVIP20000円となっています。

pato 公式サイトはこちら

のもっか!

のもっか!は、日常から離れてとにかくかわいい女の子と飲みたい!という男性にオススメです。

20代の女の子がメインとなっていて、スタイル抜群な見た目だけでなく、コミュニケーション力も凄いんだとか…。

しかも厳しい審査に通過した女の子しか登録していないので、全体的なレベルは高めです。

料金は女の子のランクによって異なっており、最安値は1時間7200円からとリーズナブル。

エリアは東京都内全域ですが、これから拡大される可能性大!です。

ちなみに、登録者数は公開されていません。とはいえ、徐々に会員数が増えているようですので、登録して損はないはず。

のもっか! 公式サイトはこちら

aima(アイマ)

aima(アイマ)は、全国各地で好みの女の子を探すことができるアプリです。

1時間あたり2200円、3300円、5500円といったように、女の子のランクで料金が違うのが特徴的。

2019年7月からスタートしたサービスということもあって、正直なところ登録者数は多くありません。

ただし、20代~30代の完全素人の女の子だけが集まっています。気軽にLINEを使ってやり取りするため、いつでもサクッと使える点も魅力。

aima 公式サイトはこちら

ライオンプロジェクト

ライオンプロジェクトの印象としては、キャバクラ、ラウンジで働いている女の子と出会いやすいアプリです。

20~29歳が中心となっているため、若めの女の子がタイプなら最適。素人っぽい雰囲気よりも、プロの女の子が好きなら大満足できそうです。

実はライオンプロジェクトは、ギャラ飲みアプリの元祖。料金はクラスによって違っていて、最も安いスタンダードクラスは1時間6400円となっています。

Facebookのメッセンジャー機能を使いますが、外部にやりとりが漏れる心配はありません。使いやすさという意味では問題ないです。

ライオンプロジェクト 公式サイトはこちら

plum(プラム)

plum(プラム)は、運営側のスタッフではなく、会員登録している男性が女の子を審査しているという、とっても珍しいギャラ飲みアプリです。

あくまでも男性目線の「可愛い素人OL」が多数登録しているので、出会いも期待できちゃうかも。

料金は1時間3000円とリーズナブルで、指名料、深夜料金は不要。ただし、1度に2人までしか女の子を呼ぶことができない点が少々ネックです。

とはいえ、2時間一緒に食事をしても7000円くらいですので、久々に可愛い女の子と飲みに行きたい!という方は、ぜひ活用してみては?

登録者は1万人を超えているものの、エリアは今のところ都内と大阪市内のみ。これから対応エリアが拡大される可能性は十分ありますね。

plum 公式サイトはこちら

まだあるギャラ飲みアプリ一覧まとめ

ギャラのみアプリはこれだけではありません。比較的有名なアプリをピックアップしてみました。参考にしてください!

アプリ名料金認証エリア
Cheers(チアーズ)1P=1.1円
ブロンズ2500P/30分
プラチナ5000P/30分
ダイヤモンド12500P/30分
Facebook関東、関西主要エリア
ペアタイム1pt=1.1円
ゴールド5000pt
プレミアム10000pt
ブラック15000pt
不明全国
セントラルクイーン5000円60分
延長1000円10分
不明名古屋
東京
大阪
福岡
その他の地域は要相談
レパード16000円120分
(ランチは9000円60分)
Facebook全国の主要都市
ぎゃらじー2000円~60分Facebook東京都内
マリオンスタンダード2500円30分
ミックス3750円30分
プレミアム6500円30分
不明全国
ラウンジ1P=1.1円
詳細不明
Facebook東京都内
ファンミーティング20000円120分Facebook東京都内
アロベーシック8800円60分
ゴールド11800円60分
プラチナ18000円60分
身分証明書の提示東京都内

ギャラ飲み美女がいるパパ活アプリ・サイトおすすめ3選!

ギャラ飲み女性は、ギャラ飲みアプリ以外でも見つけることができます。なんと、パパ活アプリやサイトで探すことができるんですね。

パパ活アプリ、サイトには美女が多いので、結構穴場だったりします。今回は、おすすめの3つのアプリを取り上げてみました!

シュガーダディ

シュガーダディは、見た目はもちろんのこと、夢や目標がある魅力的な20代女性が多いアプリです。エリアは全国対応ですが、地域によって出会いやすさに違いがあります。

ただし、登録者数の約7割は女性といいますから、比較的見つかりやすいのではないでしょうか。料金は定額使い放題となっていて、1カ月プランはたったの4980円!

3カ月プランは20%OFF、6カ月プランは40%OFFと、長く利用するほど安くなる点が魅力です。

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部は、女性会員7000人を誇るサイトです。一見、少ないように見えますが、毎月800名くらいずつ増えているそうですので、十分楽しむことができます。

また、全国に拠点が14か所あり、厳しい審査に通過した魅力的な女性しか登録できません。

また、正確、体型も審査基準に含まれているため、出会ったことがない好みの女性に出会える可能性が大です。

最も安いスタンダードクラスの場合、入会金30000円、セッティング20000円、2年目以降の年会費20000円ですので、他のアプリと比較するやや割高。女性のクオリティを重視する男性に最適です。

ワクワクメール

ワクワクメールは、日本トップクラスのマッチングアプリです。会員数は750万人を超えていますので、日本のどこに住んでいても出会える可能性が高いといえます。

エリアは全国対応となっており、基本的には一般女性がメインです。サクラも含まれていますが、それほど多くはないといえます。

また、前払いのポイント制となっていることから、使い過ぎる心配がなく安心です。

しかも、入会時は1200円分のポイントプレゼント!20~30代の素人っぽい女子と飲みたい男性は、ぜひ一度活用してみては?

ギャラ飲みアプリを使い女の子を呼んだ体験談

実際にギャラ飲みアプリを利用して、女の子を呼んだ方の体験談をまとめてみました。

ギャラ飲みアプリで複数名の女の子を呼んだみたいですね。

案外すぐに来てくれたり、深夜帯でも飛んできてくれたりするそうで、とっても便利だといえそうです。

また、結構かわいいという声が寄せられていますので、期待していたのに裏切られた!というケースはそれほど多くないのかもしれません。

 

普段から男2人で飲んでいると、たまには女の子を呼びたくなることってありますよね。そんなときにも、ギャラ飲みアプリは活躍しそうです。

これまで2次会はキャバクラだったという人は、この機会にギャラのみアプリを利用してみると、途端にはまってしまうかもしれませんね。

実際にギャラ飲みアプリを使いかわいい子を呼ぶ手順、流れ

ギャラ飲みアプリを使って女の子を呼ぶ場合の手順を、詳しく解説していきます。

今回は、特に人気があるpato(パト)を例に挙げてみました。順番に見ていきましょう。

①ギャラ飲みアプリに登録

まずは、ギャラ飲みアプリに登録することから始めます。専用アプリをダウンロードし、案内に従って登録を進めるだけです。

今回はpatoを例に挙げていますが、そのほかのアプリも使い方はほぼ同じです。

一般的には、Facebookのメッセンジャー機能、LINE@、専用アプリを経由して登録するケースが目立ちます。

②条件に合ったキャスト(女の子)を呼ぶ

登録が終わったら、好みの条件に合った女の子(patoの場合はキャストと呼ぶ)を探します。

探し方は簡単で、時間、場所、人数、女の子のクラス、今日の気分を選択するだけ。あとは、実際に女の子を呼びます。

ちなみにpatoの場合は、パトコールとコパトがあります。パトコールとは、2対2以上で飲むこと。コパトとは、1対1で合流することです。

おすすめはパトコールですね。

女性に慣れているならコパトでもいいですが、慣れていないなら断然パトコールです。女性も集まりやすいですし、友達と割り勘したらよりお得に利用できます。

また女の子のクラスは、スタンダード・VIP・ロイヤルVIPの3つのみ。

指名しないのであればスタンダード。指名する場合はロイヤルVIPとなります。

指名なしのスタンダードが最もおすすめです。

③時間を決め、クレジット決済

あとは会う時間を決めて、クレジット決済をするだけ。

合流後現場でお金のやり取りをすることはありません。運営会社が指定する決済方法の中から選択してください。

注意点としては後払いはないです。延長した場合は後払いとなることもありますが、支払いのタイミングは事前に確認しておきましょう。

④女の子と合流し→楽しむ→解散

ようやくここまでこぎつけたなら、あとは女の子と合流してお酒を楽しむだけ。そして、十分に楽しんだら解散です。たったこれだけですので、いつでも気軽に使えますね。

ちなみに会う場所ですが、運営側にセッティングしてもらえるケースもありますし、お店を指定できることもあります。ケースバイケースですので、最初にチェックしておきましょう。

なお、鍵がかかる場所に女の子を呼ぶことはできません。もちろん、ホテルに連れ込むなんて無理だと考えておいた方が無難です。

とにかく楽しくお酒を飲んで、女の子との会話を楽しみましょう。

ギャラ飲みアプリを使用する前に気になること

ギャラ飲みアプリを利用したいけれど、その前に気になることっていくつかありませんか?

ここではギャラ飲みアプリによくある質問をまとめてみました。

ギャラ飲み、違法じゃないよね?

結論からいいますと、ギャラ飲みは違法ではありません。

一時期、芸能界で人気芸人さんのスキャンダルがありましたが、それと今回のギャラ飲みアプリは全く別です。

そもそも、優良なギャラ飲みアプリの運営会社は、インターネット異性紹介事業などの許可証を取得しています。

ですから、許可証の有無さえしっかり確認しておけば、違法にはならないのです。

ギャラ飲みにくる女の子の傾向は?

ギャラ飲みアプリによっても異なりますが、基本的には普通の大学生やOLさんが多いようです。

また、ガツガツをお金を稼ぎたい女の子よりも、あと少しだけ稼ぎたいという女の子の方が目立ちます。

「とても真面目そうで、どこにでもいそうな子だった」などという口コミが目立つことからも、気軽に一緒に飲むことができそうです。

どんなときに使えばいい?

ギャラ飲みアプリを使うタイミングは、女の子とお酒を飲みたいとき、たまには女の子を呼んで食事をしたいとき、合コンの人数が足りないとき、キャバクラなどの飲み屋に飽きたとき、2次会で飲み直したいときなどです。

それから、マンネリ化した日常に刺激が欲しいときも、ギャラ飲みアプリは使えるかもしれません。

ギャラ飲みアプリの料金相場は?

1時間あたり3000~5000円くらいが相場です。

それよりも高くなることもありますが、そういったギャラ飲みアプリは、女の子のランクが高いといえます。

ちなみに高いプランを使ったからといって、必ずしも好みの女の子が来るとは限りません。

ですから、最初は無理をしないで、相場料金前後で様子を見てみることをお勧めします。

キャストに別途チップは必要?

チップに関しては、悩む人が多いようです。結論からいいますと、基本は必要ありません。

支払うことになるのは、ギャラ飲みアプリの利用料、食事代くらいです。

ちなみにギャラ飲みアプリによっては、深夜0時を過ぎるとタクシー代を請求してくることがあります。

直接手渡すこともあるようですので、アプリを利用する前にチェックしておきましょう。

ギャラ飲みにくる女の子とヤレる?

今回たくさんのギャラ飲みアプリをチェックしましたが、どのアプリも禁止事項が明記されていました。

その中でも特に印象的だったのは、「鍵がかかる部屋に女性を連れ込むことはできない」という文言です。

ようするに、女の子とヤレない可能性が高いということですね。

ただし口コミの中には、ギャラ飲みをきっかけに彼氏ができたという女性がいました。つまり、絶対のヤレないわけではないということですね。

ギャラ飲みアプリはキャバよりコスパいい!

これまでご紹介したとおり、ギャラ飲みアプリを使えば、好みの女の子と食事を楽しんだり、ちょっと一杯飲みに出かけることができます。

これまでキャバクラに高いお金を払ってきたのであれば、半分以下の金額で女の子と楽しい時間を過ごすことができるようになるはずです。

ただし、一部悪徳なアプリが含まれており、その点は注意をする必要があります。今回ご紹介したアプリなら安心して使えますので、まずは会員登録を済ませてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました