凄十とレッドブルを組み合わせると効果がケタ違い?混ぜる前に知っておきたいデメリット

「凄十とレッドブルを併用すると効果がヤバい!」という声が今ネットで注目を集めているようです。

どちらもエナジードリンクとして有名ですので、確かに恐ろしいほどの効果を実感できそうですが、安易に試すのは危険だといえます。

なぜなら効果以上にデメリットもヤバいからです。

そこで今回は、凄十とレッドブルを混ぜる前に知っておきたいデメリットについて詳しくまとめてみました!

凄十とレッドブルを混ぜると最強精力剤になる?

凄十とレッドブルを組み合わせると効果がヤバいと見かけたことはありませんか?

なぜか一時期ネットで話題になり、たくさんの人が凄十とレッドブルにくぎ付けになりました。

ちなみに、凄十とレッドブルとはどのような商品なのか簡単に以下にまとめてみました。

凄十

凄十は、精力増強や滋養強壮に適した厳選素材をたっぷり使用したエナジードリンク。コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入できる。

レッドブル

レッドブルは、世界累計販売数750億本、171か国で愛飲されているエナジードリンクです。主成分は、カフェイン・アルギニンとなっています。

 

上記の通りどちらもエナジードリンクですが、混ぜて飲む分には普通に美味しいですw

また心なしか覚醒したような感覚になりますし、体の内側から元気がみなぎってきます。

ただし個人的にはやっぱり微妙だなというのがホントのところ。

なぜ微妙など感じたのかというと、凄十とレッドブルの併用にはデメリットが多いからです。

凄十とレッドブルの併用はおすすめしない!4つのデメリット

結論からいうと、凄十とレッドブルの併用はおすすめしません。先ほども触れたとおり、メリットよりもデメリットの方が大きすぎるからです。

確かに瞬間的に効果を実感することはできますがそれはほんの一瞬だけ。

ということで、凄十とレッドブルの併用をおすすめしない理由を4つ挙げてみました。

カフェインの過剰摂取が不安

デメリットの1つ目は、カフェインの過剰摂取が不安だからです。これは一番のデメリットと言ってもよいかもしれません。

凄十、レッドブルの中には、大量のカフェインが含まれています。

そのためこれら2つのエナジードリンクを同時に飲んだ場合、たちまち過剰摂取となってしまうのです。

カフェインを過剰摂取すると、めまい、不安、興奮、下痢、心拍数の増加、吐き気などの症状を引き起こします。

ちなみに国際機関では、「カフェインの摂取許容量は個人差が大きい」として目安量を明確に決めていません。

ただし元気な大人の場合、1日あたり約400mg程度が適量としています。

凄十、レッドブルを1本ずつ飲んでも、すぐに400mgに到達することはないものの、毎日1本ずつ飲むとなれば話は別です。

あっという間にカフェインの過剰摂取になってしまいます。

糖分の摂り過ぎは危ない

凄十、レッドブルには、大量の砂糖が含まれています。

砂糖を摂取しすぎると、内蔵脂肪が蓄積されて「糖尿病」「心臓疾患」などを引き起こしてしまいます。

それだけでなく、コレステロールの乱れ、糖尿病の原因にもなるのです。

眠気や疲れは飛ぶが、精力は上がらない

先に触れたとおり、大量のカフェインを摂取することになるため、眠気、疲れを一時的に吹き飛ばすことができます。

ただしカフェインを過剰摂取すると、亜鉛を体の外に放出してしまうため、精力は衰えていきます。

また大量のカフェインの摂取は、コチゾールの生成を促すともいわれています。

コチゾールは男性ホルモンの分泌を阻害することから、さらに精力は減退してしまうのです。

続けると勃起しづらくなる

凄十とレッドブルを精力アップの目的で併用しても全く意味はありません。それどころか、続ければ続けるほど勃起しづらくなっていきます。

なぜなら先ほども触れたとおり、精力を減退させる原因ばかりつくることになるからです。

最終的にはEDになる可能性もあることから、それぞれ別に飲んだ方が無難だといえます。

精力アップなら凄十だけ飲めば十分効果を得られる!

結論からいうと、精力アップ目的なら凄十のみで十分です。

なぜなら精力アップを促す厳選素材だけを使用しているからです。参考までに押さえておきたい主要成分をまとめてみました。

トナカイ

古くから中国で使用されていた成分です。精力増強の効果が期待できます。副作用が少ないこともあり、現在も漢方やサプリなどで使用されています。

マカ

マカという植物の根に含まれている成分を使用しています。滋養強壮、精力増強、代謝アップの効果があるため、ペニス増大のために活用されることもしばしばです。

亜鉛酵母

亜鉛は、元々人間の体に含まれている成分です。男性の場合は、精子、前立腺に多く含まれています。亜鉛を摂取すると生殖機能の活性化ににつながるため、勃起力アップ、射精感アップも期待できます。

海馬

海馬とはタツノオトシゴのことです。腎機能を活性化させる効果があるため、滋養強壮、精力アップに効果があるといわれています。

すっぽんエキス

古くから中国を中心に愛用されてきましたが、日本でも精力アップ、滋養強壮のために愛用している人が多数存在します。効果を体感しやすい点も魅力です。

サソリ

精力アップの効果が抜群な成分です。そのほか、血流促進効果も期待できるため、勃起力の向上なども体感できるといえます。

コブラ

コブラには、大量の亜鉛が含まれていると言われています。その量、なんとスッポンの250倍以上なんだとか。そのため、適度にコブラを摂取すると、精液の生成を促したり、男性ホルモンなどを活発化させることができます。

ローヤルゼリー

美容系の商品で使われるケースが目立ちますが、ローヤルゼリーには疲労回復、更年期障害の改善効果があるといわれています。つまり、疲れづらい体づくりをしたり、ホルモンバランスを整えたいときに最適なのです。

高麗人参

漢方として使用されるケースが多く、滋養強壮、免疫力アップ、精神安定などの効果が期待できます。体全体の代謝を整える効果もあるため、ペニスの機能性向上にも最適です。

牡蠣

牡蠣にはたくさんの亜鉛が含まれています。精液の生成を促したり、男性ホルモンの分泌を促したりなど、ペニスの機能性向上に欠かせない成分の一つです。

飲むタイミングはここ

凄十を飲むタイミングですが、ベストなのはセックスの1~2時間前くらいです。

体が疲れているときに飲むなら、タイミングは特にありません。飲みたいときに飲んでください。

ただし空腹時に飲むと体調が悪くなることがあります。軽い食事でも構いませんので、お腹に食べ物を入れてから飲むようにしましょう。

凄十の凄い効き目がわかる口コミ

凄十の効果がわかる口コミを集めて、各口コミにコメントしてみました。今回はTwitterから引用しています。

効果の感じ方には個人差があります。しかし上記の口コミの方は、十分な効果を実感したようですね。

ちなみに、一部の口コミでは「全く効果なんてなかった!」という人もいます。

ですから効果を感じるかどうかは、実際に飲んでみるまで分からないといえそうです。

 

一言で凄十といってもいくつかの種類があります。

上記の口コミによると「マックスエナジーシリーズ」の効果が絶大なようですね。

そう考えると単に凄十を飲めばよいわけではなく、適切なシリーズを選択する必要がありそうです。

しかも、数日効果が続くレベルとありますので、バイアグラなどの医薬品に匹敵するほどの効果が期待できるかもしれません。

凄十の口コミによっては「全然勃起力がアップしない」「そもそも勃起力アップが期待できる商品じゃない!」などの声が散見されました。

そのためやっぱり勃起力には効果はないのか?と感じてしまいがちですが、上記の口コミもありますので、効果には個人差があるといえそうです。

また錠剤タイプの方が若干効果があるかも?とあります。

飲み比べてみないことにはわかりませんが、気になる場合はドリンクと錠剤の両方にチャレンジしてみるとよさそうです。

バイアグラの劣化板で良ければ凄十試してみると良い中途半端な精力剤より効果は高いです

バイアグラほど効果はなさそうですが、中途半端な精力剤より効果は高いという声が寄せられていました。

一言で精力剤といっても効果は様々ですが、確かに凄十は効果が期待できるエナジードリンクと言えそうです。

以上の口コミから、勃起力、精力、性欲をアップしたいときは、凄十を愛用するだけで十分効果が期待できるといえます。

まとめ

今回の記事でお伝えしたとおり、やはり凄十とレッドブルの併用はおすすめできません。

期待しているような効果は得られませんし、デメリットが大きすぎるため危険です。

また前項でも少し触れたとおり、勃起力や精力、性欲アップを促したいなら、凄十をおすすめします。

商品のラインナップが思いのほか豊富ですので、近所のコンビニなどで購入してみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました